Petitgrain oil morocco

化粧品成分表示名称
プチグレン油
INCI名
なし
学名
Citrus spp.
科名
ミカン科
産地
モロッコ
採油部位
枝・葉
採油方法
水蒸気蒸留
主な成分
Limonene, Linalyl acetate, Linalool, α-Terpineol
Limonene
Limonene
Linalyl acetate
Linalyl acetate
Linalool
Linalool
α-Terpineol
α-Terpineol

プチグレンオイルは通常かんきつ類の果実収穫が終わった後の、葉、小枝を原料にするもので、17世紀に製造がはじめられました。このため、種類も柑橘類毎にプチグレンオイルは製造されているのですが、当社のプチグレンオイルはビターオレンジの木から抽出されたものです。プチグレンとはフランス語で「小さな粒」という意味です。これは、この精油がもともと、オレンジの葉からというよりも、未熟なオレンジのような粒のような果実から蒸留抽出されたことに由来しています。昔からコロンに多用されているこの精油には心をリフレッシュさせる作用があると言われています。また、皮膚を強壮にする効果があると言われているので、ニキビケアに良いと言われています。

相性の良い精油はイランイラン油、オレンジ油、ゼラニウム油、ラベンダー油等です。

※ 収穫状況に応じて産地が異なる場合がございます。