HOME > フレッシュナー S-130 > その他の商品 > 食品用品質改良剤 > フレッシュナー S-130

フレッシュナー S-130

醸造酢

食酢は古来より調味料として色々な食品に対して利用されて来た極めて安全性の高い食品であります。
その使用目的は、調味料としての利用は言うまでもありませんが、それ以外に、食酢中に含まれる酢酸の効果(保存性の向上、腐敗防止等)を利用する事でした。
しかし、食酢をそのまま利用すれば、pH が下がり過ぎ、その結果酸味を感じたり、食品の生地を傷めたりと、商品に悪影響を及ぼす場合がありました。
フフレッシュナー S-130は、その欠点を改良する為、当社独自の技術により開発した商品であり、しかも醸造酢として扱われる為、一部の食品添加物のような食品衛生上の使用制限や表示の義務はありません。

特徴

  • 使用制限や表示の義務はなく、醸造酢として扱って頂けます。
  • 液体で使用が簡単です。
  • 経済性に優れています。
成分 包装
アルコ-ル・pH調整剤 20リットル入りテナ-
物性 表示
pH:4.4 ± 0.2
性状:酢酸臭のする淡黄色の液体
比重:1.065
酸度:13.0%
必要ありません
使用例
品名 使用量(%) 使用方法
米飯類 0.8 ~ 1.0(米に対し) 釜中に加え炊き上げる
惣菜類 0.8 ~ 1.0(全量に対し) 練り込み
フライ類 2.0 ~ 5.0(バッター液に対し) 練り込み