HOME > OLIBANUM OIL > 香りのしずく > 天然精油 > OLIBANUM OIL

OLIBANUM OIL

別名:フランキンセンス(Frankincense)
化粧品成分表示名称:ニュウコウジュ油(医薬品原材料リスト収載)
INCI名:BOSWELLIA CARTERII OIL
学名:Boswellia carterii
科名:カンラン科
産地:ソマリア
採油部位:樹脂
採油方法:水蒸気蒸留
主な成分:α-Pinene, Limonene, α-Thujene, p-Cymene
α-Pinene Limonene α-Thujene p-Cymene
α-Pinene Limonene α-Thujene p-Cymene

 ORIBANUM(乳香)はMYRRH(没薬)と並び最初に使われた薫香剤として有名です。原産地は中東ですが、広く、中国、エチオピア、ソマリア、イラン、レバノンに生育しています。ORIBANUMという呼称は「レバノン産の油」からきていると言われています。また、英語による呼称Frankincenseは古いフランス語で「ほんとうの薫香」という意味だそうです。乳香は白っぽい色の樹脂を含む乳白色の樹液で、乾かすと結晶のような半透明になります。固く透明感があるものが良質だと言われており、乾季の終わり、4月~6月までに採取され、これを溶かして蒸留し精油を作ります。
 乳香の蒸留は通常の水蒸気蒸留とは異なり、水を注いで蒸留します。他の樹脂同様水に浸すと固まってしまうため、蒸留釜には攪拌機がついています。
 エチオピア、ソマリアなどの東北アフリカ紅海沿岸産のオリバナムは、僅かにレモンを思わせるウッディでスパイシーな芳香を持ちます。
 この精油は医学的にも美容的にもとても有名で、痰や傷の治癒、うつの抑制、免疫力の賦活効果において高く評価されています。


※ 収穫状況に応じて産地が異なる場合がございます。