HOME > EUCALYPTUS OIL > 香りのしずく > 天然精油 > EUCALYPTUS OIL

EUCALYPTUS OIL

化粧品成分表示名称:ユーカリ葉油
INCI名:EUCALYPTUS GLOBULUS LEAF OIL
学名:Eucalyptus globulus
科名:フトモモ科
産地:中国
採油部位:葉
採油方法:水蒸気蒸留
主な成分:1,8-Cineol, α-Pinene, p-Cymene, γ-Terpinene
1,8-Cineole α-Pinene p_Cymene γ-Terpinene
1,8-Cineol α-Pinene p-Cymene γ-Terpinene

 世界でもっとも丈の高い樹木の一つであるユーカリプタス。その属名のEucalyptusは、「エウ」と「カリュプトー」というギリシャ語からきています。「エウカリュプトー」とは「よく覆われた」と言う意味で、これはユーカリの花の蕾が杯状の膜に覆われていることから名付けられたと言われています。寒さに弱く、乾燥地によく育つと言われているユーカリプタスは、その種類が700種にも及びます。そのうち、現在商業的に精油が生産されているのは約20種、世界中に流通しているのは約10種類ほどです。その中でもこのグロブルス種は栽培しやすく、精油の量も安定しているため、ユーカリオイルの主流種となりました。元々はオーストラリアで発見されたユーカリですが、現在では世界各地で栽培され、中国においても品質の高いグロブルスが生産されています。
 このオイルの抗炎症・抗ウィルス性はよく知られ、昔からうがい薬や気管支の抗炎症薬、咳止め、歯磨き、虫刺されに使用されてきました。またユーカリオイルは頭脳を明晰にし、集中力を高めると言われています。


※ 収穫状況に応じて産地が異なる場合がございます。