HOME > あざやかなかおり > 香りのちから > あざやかなかおり

あざやかなかおり

香炉 香りには、眠っていた記憶を呼び起こす力があり、その記憶は、嗅覚以外の感覚刺激によって思い出されるものよりも、より鮮明でより感情的なのだそうです。
 理由は、五感の中で嗅覚だけが、人の記憶や情動に関係する脳の大脳辺縁系という部分に繋がっているからとされ、香りによって記憶があざやかに蘇る現状を「プルースト現象」といいます。
マルセル・プルーストの肖像
 フランスの文豪、マルセル・プルーストの代表作「失われた時を求めて」で、主人公がマドレーヌを紅茶に浸し、その香りをきっかけとして幼少時代を思い出すという描写があったことから名付けられました。
 この現象はかつて謎とされていたのですが、現在、神経科学者や心理学者による実証や研究から徐々に解明されつつあり、香りの可能性により広げるものとして注目されています。