HOME > いにしえのかおり > 香りのちから > いにしえのかおり

いにしえのかおり

いにしえのかおり

 香りに関する最も古い記録と言えば、日本書紀に、
「595年4月に淡路島に香木が漂着し、島の人が薪として焼いたところ、類い稀なる良い薫りがしたので、朝廷に献上した」
と記されています。
 その後、唐より数々の仏典とともに香料が伝来し、平安時代には貴族の間で、衣や部屋に薫りをつけることが習慣となりました。
 香を焚き比べて優劣を競う遊びまでもが生まれ、これが現代に伝わる伝統作法、香道の原点となったのです。
 いにしえの人を魅了した香り、そして香りを楽しみ、大切にする心は、長い長い歳月を超えて、今にしっかりと生き続けています。