HOME > 香粧品香料(フレグランス) > 香りのかたち

香粧品香料(フレグランス)

香水ボトル
香りを創る人を「調香師」「パフューマ―」といい、よく音楽家や画家に例えられます。
香料を音符としてメロディーを綴り、ハーモニーを奏で、香料を絵の具として1枚の絵を描き上げる・・・
「調香師」は、すなわち香りの芸術家なのです。


アロマトロン

アロマトロン
数十から数百に及ぶ香料原料を数十ミリグラム単位で精度良く計量する作業は熟練が必要で、
間違いがあると再現性に大きく影響し、匂いが大きく変わってしまいます。
当社ではアロマトロン(自動調合器/香粧品用の原料の液体原料を指定された処方に従って自動で調合する機械)を使い、
高精度な調合と作業のスピードアップを図っています。


食品香料(フレーバー)

食品香料(フレーバー)
フレーバーを調香する人を「フレーバリスト」といい、食品を構成する科学的物質を割り出し、天然の香りを再現する目的で食品香料を創り出します。フレーバーの調香の基本は、天然の食品の香りの正確な再現です。